ツインソウルのステージ第3段階「危機」とは

ツインソウルが出会い、魂が1つになるための最終調整として7つのステージを踏むことになります。第1段階で衝撃的な出会いを果たし、霊的な目覚めを経験しますが、第2段階になるとお互いに過ごしてきた日々で得た経験や知識にとらわれ、刷り込みで得た自我によって相手を疑ったり不安に思ったりします。

そして次の段階が第3段階です。この段階では、これまで培ってきた自我を捨て、魂が引き合うままに行動できるかどうかがカギとなります。しかし、過去の恋愛経験でつらい思いをしてきた人にとっては、その経験から培った自我を捨て去るのは非常に怖いことであり、難しくもあるでしょう。

そのため、お互いに自我を捨てきれずに傷つけあってしまいます。これも、魂が霊的に完全に覚醒して1つになるために課せられた試練であり、この試練を乗り越えなければ本当にツインソウルが1つになることはできないのです。

このステージでは大きな苦痛を伴いますが、いかに自我と戦っていくかがポイントとなります。

条件つきの愛の概念にとらわれ、相手との衝突が起きる

・過去の条件つきの愛に苦しめられる

第3段階では、第2段階で経験した自分の過去の恋愛経験による不安や、相手に対する疑念に苦しんだ後、その苦しみに耐えきれずに相手を否定してしまいます。これまでの恋愛はツインソウルとの恋愛ではなく、お互いに何らかの条件を課した上でのものであり、その条件に見合わないことで相手を拒絶してしまうことにつながるのです。

しかし、第3段階ではこれまでの条件つきの愛ではなく、無条件に相手を愛することに気づくステップなのです。そのため、いかに過去に経験した、条件つきの愛の概念を捨てられるかが重要です。

・不安や疑念にとらわれすぎて相手と衝突する

過去の恋愛経験で培った概念は、なかなか捨てられるものではありません。この概念からくる不安や疑念は、第3段階ではどんどん大きくなっていきます。そして、感情の安定を保てなくなり、相手と何度も衝突してしまうことになるのです。

そのように苦しい状態であるにもかかわらず、やはり強く引き合う2人は逢瀬を続けていきます。つまり、不安や疑念からくる大きな苦しみを抱えたままで会うため、その苦しみから逃れられないのです。

この段階を経て別離のステージへ

第3段階では、大きな試練を課せられることになります。今までの自我を捨てきれないと、ツインソウルと衝突して大喧嘩に発展することもあるでしょう。この段階の次には、別離のステージが待っています。

しかし、別離を経た後にお互いを高め合い、自我を捨てても求めあっていることがわかれば、ステージの終盤に向かうことができるのです。この時期をいかに耐えられるかが重要でしょう。